プロテーゼ隆鼻術の特徴とメリット デメリット

シリコン素材のプロテーゼを鼻の中に入れて形を作る方法です。

  • 鼻の高さをしっかり出したい。
  • 希望の形にしたい
  • 鼻筋を出したい。
  • 半永久的に効果を持続させたい

という希望がある場合に行います。
I型(アルファベットのIの形で鼻の上部にだけ入れる)やL型(Lという形なので鼻の下側にもはいる)があります。
現在使われているシリコンは人間の軟骨に近いもので医療用として人工関節にも使われる素材なので安全性が高くて、変形や変質の心配はあまりないようです。

鼻突縮小などを行った時に、鼻先を糸でつまんだために高さがでてしまい根元とのバランスがアンバランスになる場合もあります。そういうケースで鼻の付け根から鼻先へのラインを自然にするためにI型プロテーゼを入れることもあります。

メリットは

プロテーゼのメリットは

鼻の高さを出したい時にしっかり出せる
鼻筋を通したい時にしっかり出せる
鼻の長さを出せる
持続的な効果がある

などです。やはり形をしっかり出したい時には効果大の施術ですよね。

デメリットは

鼻先に負担がかかる
ダウンタイムが長くなる
プロテーゼが動くという口コミも、
変化が大きいので形が変わりすぎて気になるという方も、、

(私は鼻尖縮小だけで、ドクターから薄めのプロテーゼを鼻の付け根に入れる方が自然になると提案されましたが入れませんでした。)
またインターネットの口コミを見ていると、プロテーゼを入れた方はダウンタイム中に痛みが強かったという口コミが多いように思います。

L型は鼻先に負担を与えたり、高さを出すために厚めのシリコンをいれたために鼻先から出てしまう、という話もききます。
個人の鼻の形や皮膚の厚さ、仕上がりの希望によって最適な方法が異なります。またクリニックによってもプロテーゼを加工したりなじむように工夫している所もあります。
クリニックごとに特徴や工夫があるようです。

お鼻の高さや形をしっかり変えたい方に必要な方法というところです。
カウンセリングでしっかりと希望を伝えて相談することがおすすめです。

施術時間 30分~
費用目安 湘南美容外科(ハイブリッドプロテーゼ):461,700円
東京美容外科:(スタンダード) 250,000円
オーダーメード400,000円
もとび美容外科:(シリコンプロテーゼ)¥168,000円
(ハイブリッドプロテーゼ)¥368,500円

相場は通常のプロテーゼは20万円前後、オーダーメイドやハイブリッドプロテーゼが40万円〜といった所でしょうか。

術後の通院 なし
術後の腫れ 強い腫れは約3~7日(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 当日より可能
洗髪 当日より可能
メイク 当日より可能