鼻尖縮小手術(鼻先縮小)の特徴とメリット/デメリット

鼻尖縮小手術(鼻先縮小)の特徴と効果

鼻突縮小手術(鼻尖形成/鼻先縮小)は文字通り鼻の先を細くor小さくする手術です。

この鼻突縮小(鼻尖形成/鼻先縮小)が向いている人は

  • 鼻先を小さくしたい人
  • 鼻先を細くしたい人
  • だんご鼻に悩む人
  • 大きい鼻を小さくしたい人

など鼻の先の部分のお悩みを持つ方むきの施術です。

手術の方法を簡単に説明します。

鼻尖縮小手術では外にひらいた鼻先の軟骨を糸で止めて細くしたり、軟骨が大きい場合は場合に寄っては切除、
脂肪が厚い事が原因で大きくなっている方には脂肪切除を行います。

広がった軟骨を寄せ余分な脂肪を切除するため鼻先の大きさを細くしてすっきりさせことができます。

オープン法とクローズ法があり、オープン法は外側から、クローズ法は鼻の中だけメスを入れます。
オープン法の方がしっかり手術する事が出来るので理想の形になりやすいとは言われます。
クローズ法は内側だけなので希望通りの効果を出すのには技術が必要なのかな(?)、表に傷跡が出ないのでダウンタイムが短くバレにくいです。
私はクローズ法でした。

鼻突縮小(鼻尖形成/鼻先縮小)メリット

この手術の特徴やメリットは

自然な形に仕上がるので、バレにくい
半永久的な効果が期待できる
クローズ法ならキズがわからない、オープン法でもそれほど目立たない

などのメリットがあります。

鼻突縮小(鼻尖形成/鼻先縮小)のデメリット

デメリットは

アップノーズ/パロットノーズ変形/ポリビーク変形なる場合がある
やり方によってつまんだような鼻になる

などです。アップノーズになるケースは、
大きな鼻先の場合、軟骨を縫い合わせて細くしすぎると横から見たときに鷲鼻のようになってしまったり、
元に鼻の形や施術方法によるものです。

アップノーズにならないようにカウンセリング時にドクターと施術についてしっかりコミュニケーションをとりましょう。

部位 鼻尖部
料金目安 <湘南美容外科クリニック>:193,180円〜270,130円
聖心美容外科 324,000円

施術時間 30分〜2時間 
(クリニックや施術方法によってちがいます)
ギブス 鼻先のギブス固定3〜7日が多いみたい。
クリニックによっては3ヶ月ほど夜ギブスで固定する所もあります。
ダウンタイム 3~7日
腫れ ★★★☆☆
傷跡 クローズ法 鼻の穴の中/オープン法 鼻先など
通院回数 1週間目に行く所が多いようです。
抜糸 5~7日目(解ける糸を使う場合抜糸はありません )
効果 半永久的
洗顔 抜糸前、患部に水がかからないように、抜糸後可能
メイク 鼻以外は直後より可
お風呂 当日からシャワー(患部をぬらさないように)
1週間で入浴可の所が多い
仕事の休みは マスクが出来る所は
5日目ぐらいから復帰可能だと思います。
マスク不可な仕事はギブスを外した後から。

この施術と合わせて行われる事が多いのが 
軟骨を移植して鼻を伸ばす 鼻中延長、
小鼻を内側によせて小さくする 小鼻縮小
鼻筋をとおして高さを出す プロテーゼ挿入

などです。